痛い痛すぎる!?ミュゼプラチナムなら少ない痛みで脱毛できる!

脱毛の効果, 痛み, コラム

 脱毛が痛すぎる原因は、個人差で痛みを感じやすい、または利用される機械の影響の2つが挙げられます。ミュゼプラチナムでは、痛みが少なくなる脱毛器を利用しています。そのため、個人差はあっても痛いと感じる機会も少なくて済むメリットがあります

【痛い理由を理解しよう】

一般的に、脱毛処理が痛いと感じるのは特殊な機械を利用している為です。単純な毛抜きや脱毛クリームを利用している時にはそこまでの痛みを感じません。一方で、痛すぎるほどに痛いと感じてしまうのは、体毛をより綺麗にするために必要な過程であるともいえます。

 効率的に綺麗な肌にするためには、毛根から無駄なく処理しなくてはいけないからです。脱毛の仕組みがわかれば、なぜ脱毛処理が痛いのか、そしてミュゼプラチナムの処理が痛くないのかを理解できるようになります。

脱毛が痛すぎる?ミュゼプラチナムの脱毛の痛みを解説

  1. 脱毛が痛い理由は?仕組みの説明を交えてわかりやすく説明!
  2. 医療脱毛は痛すぎる?なぜ痛すぎるのか
  3. ミュゼプラチナムの脱毛は痛くない?
  4. VIO脱毛の痛みが強い理由は?

脱毛が痛い理由は?仕組みの説明を交えてわかりやすく説明!

 サロンやクリニックでの脱毛が痛いと感じるのは、照射する際の光が原因で。この光は高温なのが特徴です。脱毛器の光には、メラニン色素という色素にダメージを与える為の周波数が含まれています。この光が体毛にあたると、その部分で強烈な熱が生じて、その熱が体毛の細胞にダメージを与えてきます。これが、光の力を利用した機械による脱毛の仕組みです。

 そのため、痛いと感じる理由はマシンから照射される強力な熱エネルギーにあります。ミュゼプラチナムのようなサロンでも、こういった熱エネルギーが発生する機械を使っているため、人によっては痛みを感じる可能性があるのです。

【痛い理由】

マシンから照射される光は高熱を持っており、その熱が痛いとして伝わるため

医療脱毛は痛すぎる?なぜ痛すぎるのか

 私も経験がありますが、医療脱毛は非常に痛いです。痛すぎる処理であることから、最後まで通いきれずに途中で断念して解約してしまう人もいるほどです。クリニックでのみ行えるレーザー脱毛は永久脱毛を実現できるというメリットはありますが、麻酔を利用しないと痛すぎる、痛みに耐えることができないため、私も笑気麻酔を利用して処理を行ってもらいました。

 ここまで痛い理由は、レーザー照射によって生じる熱エネルギーが、ミュゼプラチナムで使われる光脱毛よりも大きいからです。出力が大きいため、肌への安全性を考慮してレーザー脱毛は医師や看護師にしか扱うことができません。

 私も事前説明を受けましたので、医療脱毛では必ずこうした痛みが付きものになります。

ミュゼプラチナムの脱毛は痛くない?

 ミュゼプラチナムの脱毛が痛くない理由は、利用されるマシンが肌に優しいものだからです。一般的に、ミュゼプラチナムのようなサロンで使われる脱毛器は、医療レーザーよりも照射出力が低くなっています。痛みの大きなレーザー脱毛は、あくまでも永久脱毛用に出力を上げていますが、ミュゼプラチナムで使われる機械は抑毛用として扱うものなので、痛みが少ないのです。

 また、ミュゼプラチナムの場合、美肌にも焦点を絞って開発されています。そのため、肌トラブルが生じにくいだけでなく肌がキレイになるのも嬉しい効果です。実際に、ミュゼプラチナムで処理を行うときには肌に気を使って、まず美肌成分のあるジェルを塗布します。その上から光を照射しますので、安全性が高く痛みが小さくなるように工夫されています。

VIO脱毛の痛みが強い理由は?

 VIO脱毛の痛みが強いのは、毛が太くて濃いためです。また皮膚が薄くて脱毛処理のダメージを最初から受けやすい条件が整っています。光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応しますので、毛が濃い場所などは反応が強いことから痛みを感じやすいのです。

 この点、VIO脱毛を行うときには周辺にメラニン色素が多くて、脱毛処理における熱エネルギーの影響を受けやすい環境が整っているわけです。本来、体毛は個体差によって濃さや薄さがありますが、VIOに関しては毛が多い人が多いでしょう。そのため痛みを感じてしまうのです。